真面目に、強く、上品に

たのしく、げんきに

普通AT免許限定解除教習1限目に行ってきた

午前休をもらって、近くの教習所まで 普通AT免許限定解除教習に行ってきました。 2月に入校手続きをしてから2ヶ月以上待たされましたが、ようやくの実技教習です。

すでに大型自動二輪MT免許を持っているし、今はNC750X DCT で ATのバイクですが、以前は CB400SB という MTのバイクにも1年以上乗っていた。 それに、以前MTシフトコントローラを買ってドライビングシミュレーターを買っていたことから、MTの自動車も余裕かと思っていたが、意外と慣れるまでに時間を要した。

バイクではわりとスパッとシフトチェンジしていたが、クルマだと1速から2速へのシフトチェンジをスパッと行うとノッキングしがちで、バイクよりも優しくクラッチを繋げていく感覚が必要だということがわかった。

また、1速、2速では先にクラッチを切ってから、ブレーキを踏むことを教わったが、バイクだとどちらかというとブレーキが先で、出来るだけエンブレを効かせて、停止直前にクラッチをきる、というのを習うので、これもバイクと違うところだと思う。

また、アクセルを踵をつけて踏むくせがついているようで、これについて教官から何度も指導を受けた。

アクセルを踵をつけて踏む癖については、どのようなデメリットがあるのかイマイチよくわからなかったが、とはいえ教習所でのやりかたは一度型に沿った運転を学ぶという意味でも重要だと思うので、少なくとも教習中はそのくせを直して、卒業検定に挑もうと思う。

まとめ

  • 1速 -> 2速のシフトチェンジはバイクよりも優しくクラッチを繋ぐことを意識する
  • 低速では先にクラッチを切ってから、ブレーキを踏む
  • アクセルは踵を浮かせる