読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に、強く、上品に

逆境に負けないブログ

「起業と会社経営の実務がよくわかる本」を読んだ

概要

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 起業と会社経営の実務がよくわかる本」を読んだため、感想について記述する

感想

会社は当然ながら、事業活動により利益を出すことを目的に組織されている。

そのため、会社経営の実務はお金に関することが大半を占める。

起業・経営の実務としての代表例は以下の通りである。

  • 登記
  • 資金繰り
  • 経理
    • 税金
    • 保険
    • 給与
  • 人事

この全ての要素でお金が絡んでくるため、経営においては、常に取引はもちろんのこと、社内のお金の流れについても注意を払う必要がある。

この書籍では上記に挙げた起業・経営で絶対必要な最低限の知識について、網羅的に解説してくれている。

この本の知識だけで会社は作れるため、起業自体は物凄くハードルが低いことであるということが実感できる。

起業自体のコストは出来るだけ少なくし、事業に集中できることが望ましい。