真面目に、強く、上品に

たのしく、げんきに

バイクが納車された

はじめに

2019/01/25(金) に CB400スーパーボルドール(ABS) E package の中古車が納車されたので、感想を書きます。

納車前

このバイクを購入自体は 12月中旬に既にしており、約1ヶ月程納車まで時間がかかった。 年末年始を挟んでいるとはいえ、すこしばかり納車期間としては長かったように思う。

何回か納車まだか、という確認の電話やメールをしてようやく、2019/01/21(月) に発送、2019/01/25(金)に納車というスケジュールを確定させることが出来た。

元々は、2019/01/19(土) に店まで直接行って、バイクで帰ってくる予定だったが、直前に体調不良になってしまったことと、いきなり交通量の多い公道に出ることに不安があったため、配送で納車をお願いすることになった。

後述するが、結果的にこの選択は間違っていなかったように思う。

納車

配送業者から事前に納車時刻に電話連絡があり、時刻に家の駐車場までバイクを届けてくれて、書類を受け取るだけだったので、納車自体はとてもすぐ終わった。

納車後出社予定があったので、簡単な点検とテスト走行だけすることにした。

まず納車時に抱いた第1印象はバイク(CB400SB)は大きいということ。

教習所で見た時よりも一回り大きく見えるのは、教習所と家の比較する対象物の違いだろう。狭い教習所とはいえ周りにある対象物は比較的大きいものが多い。

また、ヘルメットの視界が思ったより狭かったり、ヘルメットのシールドをつけたままだとすぐ曇ってしまったり(これは後でピンロックをつけることで解決)、二速→一速へのギアチェンジが思ったより硬かったり、戸惑うことが多かった。

この状態でいきなり公道を走行するとかなり危なかったように思うので、本当に配送を選択しておいて良かった。

テスト走行では、家の周りを軽く回るだけにしたが、車庫入れが思ったより重くて大変だった。

道路から車庫まである程度押して歩く必要があるのと、高い段差があるためだ。

さて、肝心の乗り心地だが、4気筒のモーターのようなエンジン音、シルクのようなスムーズな加速と変速はとても気持ち良い。

3速で時速10kmほどの低速から70km程まで使えるので、発進・停止以外の一般道路走行はほぼ3速だけで事足りるように思う。