真面目に、強く、上品に

たのしく、げんきに

普通自動二輪教習第2段階の7限・8限目を修了

はじめに

 

普通自動二輪教習第二段階の7限・8限目が終わったのでまとめます。

 

7限目

 

見極め直前ということで、卒検課題の第1コースと第2コースを練習し、さらにコーンの間隔が不揃いな状態でスラローム走行を行った。

 

  • クランクでコーンにぶつけてしまう
  • 一本橋に向かう道で一部区間で逆走があった
  • 右折の際にウィンカーの方向を間違える

 

上記以外は特に問題はなかった。

逆に卒検一時限前で、課題があるのは相当ギリギリで仕上がってきている印象はある。

 

8限目

 

見極めで、ひたすら卒検コースを走る。

 

  • 道路を横断する際に右ウィンカーをつけていなかった
  • 一本橋手前で一時停止しなかった
  • 最後のスラローム走行で4速で侵入してしまいエンストしてしまった

 

以上のミスがあった。

 

これらは何回も走行した上で出てきたミスで、基本的には問題なくコース走行できた。今のところ8割ぐらいの確率で卒検に合格できる程度には仕上がってきた。

 

気がかりとしては、卒検まで10日ほど空いてしまい、運転感覚が鈍ることと、試験時の緊張。

 

特に最初の方で走行する必要があるクランクは割と鬼門なので、イメトレをしっかりする必要がある。