真面目に、強く、上品に

たのしく、げんきに

普通自動二輪教習第2段階の5限目を修了

はじめに

 

普通二輪教習第2段階の5限目を修了したのでまとめます。

 

5限目

 

前半はシミュレータでの法規走行、後半は実習での自由走行。

 

シミュレータは基本的に問題なかったはずだが、一度だけ衝突してしまった。

 

今回はやる気がない教官だったため、ミスをしても問題点の指摘が全くなかった。何のための教官かわからないので、指導はちゃんとしてほしい。

 

後半の実習では、最初は卒業検定コースを走っていたが途中でコース内容を忘れてしまったので、苦手なクランク走行を重点的に練習したのと、クルマが比較的少なかったため、直線コースで時速45kmぐらいまで加速してからカーブ前で20kmまで減速する練習を何回かした。

 

自由走行では、気を張らずに練習できたおかげか、苦手なクランクでも比較的安定した走行ができた。転倒したり、バランスを崩すこともなかった。

 

今回クランクを走行する際に特に意識したことは、以下の通り。

  • 目線をいつもより遠くにした
  • 出来るだけコースの外側を走行する
  • ただし、視線を足元に向けないように注意する。
  • 旋回中はあまり舵角を変えない
  • ある程度速度があっても目線を遠くに向けていれば曲がるので速度がある程度出ることを怖がらない

 

今回のような走行ができれば卒業検定も余裕をもって合格出来ると思う。

 

まとめ

  • 卒業検定のときはリラックスしている状態にしておく
  • とりあえずクランクは目線を遠くにして外側のラインを走行することを意識しておけばなんとかなる