真面目に、強く、上品に

たのしくげんきに!

24時間365日働くためには

概要

24時間365日働くための方法について考察する。

24時間365日働くとは

睡眠中・食事中・入浴中・移動中なども含めて常に仕事のことを考える、または仕事の実作業を行うこと。

睡眠中に仕事のことを考えるというのは想像が難しいが、睡眠中も脳は活動しており、 その活動の成果として、記憶の定着や夢を見る、という現象が発生する。

睡眠中に仕事のことを考えるとは、いかにして記憶の定着や夢をみやすい環境を作るか、ということを意味する。

24時間365日働くためには

前述した通り、仕事に対する思考または実作業が必要であるため、ベースとなる脳の活動量・体の健康・精神面での健康が必要不可欠である。

趣味は仕事に関連する以外のものについては、時間を大幅に消費するため、仕事に関連のない趣味は全て捨てる必要がある。

人間関係においては、仕事に関連しない飲み会の誘いを基本的に断る必要がある。

ただし断ることにより、人間関係には大なり小なり影響を与える。

仕事を進める上で過去の人間関係が重要になる局面は多々あるため、断ることによりその人との関係例が終了しない、を判断基準とする。

また、情熱や執念、心の底から楽しむ、と言った喜怒哀楽が無ければ、生きている間常に仕事をし続けるというモチベーションを保つのは難しい。

24時間365日働ける人は、働くことがが自然となっており、だからこそ続けていけているのだ。

まとめ

まとめると以下のとおりである。

  • 健康な身体がある
  • 健康な精神がある
  • 趣味を捨てる
  • 断ることによりその人間関係が終了しないなら全ての飲み会は断れている
  • 仕事に関わることにより喜怒哀楽に関わる感情が維持される
  • 働くことを当然と思う