読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に、強く、上品に

逆境に負けないブログ

「仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」を読んだ

概要

「仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」を読んだため、その要点について記述する

要点

仕事のミスには以下の4つがある

モリーミスの基本対策

「記憶はすぐ忘れる」ということを意識することが重要である。

いかに忘れることを前提に行動出来るか、ということがメモリーミスをなくすコツである。

覚えるべきこと・頭に留めておくべきことは全てメモしそれを見返すことを習慣化させる、などが具体例としてある。

大雑把にまとめる

例えば本を読んだ場合に、本に書かれた内容を全て記憶出来る人は一部の例外を除いていない。

重要なのは本毎に大雑把なまとめを覚えておくことである。

本毎に大雑把なまとめを覚えておくことで、まとめを思い出す過程で、詳細についても関連して思い出すことが出来る。

語呂合わせで覚える

数値や特徴があまり無い単語は暗記が難しいが、その場合は語呂合わせが有効。 直接語呂合わせがしにくい単語については、適当な数字から文字への変換ルールを決めておくことで、語呂合わせを適用することが出来る。

アテンションミス

ちゃんとみようとしない

ちゃんと見ようとすると、細かいところしか視野に入らないため、俯瞰して全体を見通すことが困難になる。 細部を注意してみる時間と全体を見渡す時間は全く別々にしたほうが良い。

フレームワークで対策

何か特定の作業を行おうと思った場合、ルーチンや定石といったお決まりのパターンがある。

ルーチンや定石を使用している間はワーキングメモリを専有せずに、妥当な行動をとれる。

妥当な行動をしつつワーキングメモリの領域を大きく取ることが出来るので、アテンションミスを減らすことが出来る。

集中できない時は書き出す

集中できない時はメモに現在思考していることを書き出すことで、悩んでいたことが整理され、ワーキングメモリを開放することが出来る。

見直す癖をつける

見直すことを習慣化させることで、作業中には気づかなかったミスに気づくことが出来る。 また、見直しのたびに別の確度から見ることを心がけると、今まで気づかなかったミスについても気づくことが出来る。

チェックリスト

チェックリストを用意することで必ず確認しておかなければならない箇所が視覚化され、作業者に対して以下を軽減する。

  • 作業内容を覚えないといけないというプレッシャーと忘れたらどうしようという不安
  • 作業内容を実行せずに忘れてしまうリスク
  • 作業が進んでいないのではないかという不安

TODOリスト

何をすべきかを思い出すことが出来る。 これにより、しなければならないのにするのを忘れていた、というミスを低減できる。

シングルタスクにしていく

人間は常にシングルタスクでしか作業が出来ないので、出来るだけシングルタスクに集中できるようにする。

同時並行で進めなければいけない状況や、突然のタスクが割り込まないように、タスクをキューにいれたり、といった工夫を行う。

ゾーンに入る

最も効率的にシングルタスクをこなすのが「ゾーンに入る」こと。

ゾーンに入ることで、無駄な雑念が取り払われ、真にシングルタスクの状態で、効率よく仕事を進めることが出来る

集中力を削ぐものを排除する

ブラウザやスマホのプッシュ通知など、雑念となるものを取り払う。

仕事に問いをもたせる

問いは人の注意を一点に集中させることが出来る。

ある事柄をより大きな事柄の一部として認識させることが出来る(このことをチャンクアップと呼ぶ)

やるべきことを明確化

抽象的な内容のタスクはモチベーションが湧きにくい。

タスクを分解することで自分がやるべきことが明確になってきて、ゾーンに入りやすくなる。

達成できるかギリギリのところで目標を設定する。

物事は簡単すぎたり、難しすぎたりするとモチベーションが低下する。

そのため、適切な目標設定を行い、常に達成できるかギリギリのところで目標を設定する。

コミュニケーションミス

自分の認識している前提と相手の認識している前提は違う

常に相手の記憶に意識の矢印を向ける。

無知の姿勢を心がけることで、自分の思い込みが排除される。

復唱によって自分の理解度を確認する。

ジャッジメントミス

利用可能性ヒューリスティック

都合の良いデータだけをとって全体がそうであるかのように錯覚する

今自分がしようとしていることとは真逆のことを考える

「起業と会社経営の実務がよくわかる本」を読んだ

概要

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 起業と会社経営の実務がよくわかる本」を読んだため、感想について記述する

感想

会社は当然ながら、事業活動により利益を出すことを目的に組織されている。

そのため、会社経営の実務はお金に関することが大半を占める。

起業・経営の実務としての代表例は以下の通りである。

  • 登記
  • 資金繰り
  • 経理
    • 税金
    • 保険
    • 給与
  • 人事

この全ての要素でお金が絡んでくるため、経営においては、常に取引はもちろんのこと、社内のお金の流れについても注意を払う必要がある。

この書籍では上記に挙げた起業・経営で絶対必要な最低限の知識について、網羅的に解説してくれている。

この本の知識だけで会社は作れるため、起業自体は物凄くハードルが低いことであるということが実感できる。

起業自体のコストは出来るだけ少なくし、事業に集中できることが望ましい。

信用について

概要

ある事象を信用するか信用しないかという選択を迫られた時の判断基準について考える。

判断基準

前提として、間違ったことを言ったことがない人間は一人としていないということ。

間違ったことを言うパターンとしては以下の2種類である。

  • 意図して間違ったことを言うパターン
  • 意図せず間違ったことを言うパターン

意図して間違ったことを言うパターンの代表例が詐欺であり、詐取目的で間違ったことを相手に伝える。

意図せず間違ったことを言うパターンの代表例は、ネズミ講の勧誘などだろう。 本人は間違ったことをしている認識は無いが、その仕組みで末端の販売員が儲かる、と吹聴するのは間違ったことである。 このようなパターンでは理解・情報不足により、合理的でない判断をしていることが多い。

以上のことから、今まで十分な情報が与えられており信頼性の高い言説を唱えていた人が、突然満足な情報が得られず間違った言説を唱えてしまう、ということは容易に発生する。

そのため、人"に対して信用するかしないかという判断をするのは危険であり、信用は人に対してではなく、個別の言説に対して設定しなければならない。

そして、個別の言説に対して常に正しい判断を下すためには、以下のことが重要である。

  • 状況を把握するのに必要十分な情報を揃える
  • 得られた情報の合理性や妥当性を検証する
  • 足りない情報を予想する
    • 情報は多すぎても少なすぎてもいけないが、情報は足りていないことが多い。その時には足りないピースを予想するしかない。今までの経験と論理から足りない情報を予測する。
  • 揃えた情報とリスクから合理的な選択をする
    • この場合、期待値が高いというわけではない。 目的のためには、あえてリスクが高い選択をしなければならないときがある。

まとめ

信用とは人に対してするものではなく、個別の事象について設定するもの。

思考放棄せず、その時々でしっかりと信用できるか検証しなければならない。

メンタルの強さはレイヤー毎に違う

概要

メンタルの強さとはどういうことかを考える過程において、

対象者が置かれている状況のレイヤーに応じてメンタルの強さが変わるのではないかという仮説が出てきたた。

ここではその仮説の整理と検証を行う。

メンタルの強さとは

一言にメンタルの強さと言っても判断する人によってメンタルの強さについての定義がばらつきそうであるため、一旦ここでメンタルの強さについて定義を行う。

メンタルの強さとは以下の要素で構成される。

  • 剛性
    • 自分や他人の思考・行動、物事に動揺しない
  • 弾性
    • 動揺しても元の状態にすぐ復帰できる

一番良いのは、剛性が高いかつ弾性が高いことだ。

剛性が低いが弾性は高い場合、一時的にメンタルは弱くなるがすぐ元の状態に戻ることが出来る。

この場合、大きなストレスを受けた場合でも復帰が早いというメリットがある。 ただし一時的にメンタルがとても弱ってしまうため、リアルタイムで重要な判断をしないといけない場合に判断ミスを犯しやすい。

剛性が高いが弾性は低い場合、ある閾値まではメンタルは強いがある閾値を超えると途端にメンタルが弱くなる。 リアルタイムでの判断は得意だが、耐えられないほど大きなストレスが来た場合に一気に潰れてしまうというリスクがある。

この2つは一長一短あるため、どちらが良いかは一概には言えない。

レイヤーとは

上記で定義したメンタルの強さはレイヤーごとに強さが違う。

そのレイヤーは主に、「社会的レイヤー」と「生存的レイヤー」の2つである。

「社会的レイヤー」でのメンタルの強さとは、社会生活を営む上でのメンタルの強さであり、 「生存的レイヤー」でのメンタルの強さとは、生命を維持する上でのメンタルの強さである。

例えば、生存が脅かされずに大企業で働く場合に必要なメンタルの強さは「社会的レイヤー」でのメンタルの強さに該当し、 戦争やゾンビの跋扈する世界で生き残るメンタルの強さは「生存的レイヤー」でのメンタルの強さに該当する。

メンタルの強さはレイヤー毎に違う

メンタルの強さ、レイヤーについて定義したが、本題はここからである。

一般にメンタルの強さと言った場合、レイヤーなど考えずに強いか弱いかでしか表現しないことが多いが、 実際は「社会的レイヤー」と「生存的レイヤー」でメンタルの強さは分けたほうが良いと考えている。

分けずにメンタルが強い・弱いと考えてしまうと、例えば「生存的レイヤー」では物凄くメンタルが強いのに、その強みを活かしきれずに自分はメンタルが弱いと思い込んで行動してしまう可能性がある。

パフォーマンスを出すためにはメンタルの強さというのは必要不可欠であり、「社会的レイヤー」でメンタルが強い人間は組織の中でその強みを活かしていくべきだし、「生存的レイヤー」が強い人間は傭兵や起業家など「生存的レイヤー」でのメンタルの強さが必要な領域でその強みを活かした方が良い。

「20代で身につけたい 営業の基本」を読んだ

概要

営業もやることになり、とりあえず基本となる営業テクニックを身に着けたいと思ったため、Aamzonで比較的評価が高めだった本書を読むことにした。

ここではその本の要点と感想をまとめる。

要点

  • 商品を売るのでなく、経験を売る
  • 営業のプロセスを「見える化」する
    • 日付、担当者名、課題、ネクストステップ、目標とする期日が記載されたTODOリストを書く
  • 大きい数字は小さい数字に分解する
    • 大きい数字も細かく分解することで現実的な目標に設定出来る
  • うまくいっているときほど新規開拓をする
    • ツイているときほど+αの目標に取り組む

感想

構成としては、営業マンが実践すべきことが箇条書きで並べており、項目毎になぜそれが必要なのかが述べられている。

項目によっては営業に限らず汎用的に使える習慣も記載されている(06 営業ノルマ以外に「自分自身の目標をつくる」など)。

営業を身につけるためには必ず実践が必要だが、どのようなことを意識して営業を経験していけば良いのかという指針になった。

ただ欠点もある。

箇条書きで読みやすい反面、体系的に営業とは本質的にどうであるべきか、といった体系的な理論としてまとめられていない。

体系的な知識を身につけるには、また別の営業の関する書籍を読む必要があると感じた。

「ゼロ秒思考」を読んだ

概要

友人から問題の整理のために実践することをオススメされたため読んだ。

ここではそこで得られた知識、感想、まとめについて記載する

ゼロ秒思考とは

ゼロ秒思考とはかいつまんで言うと、1分1ページで毎日10ページメモを書くことで得られる迅速でかつ深い洞察が出来る思考法だ。

メモのフォーマットは以下の通り。

  1. メモの上部にはタイトルと日付を記入する。
  2. タイトルについて考えた内容を4行ほど箇条書きで記入する。

行動としてはこれだけだが、続けることで問題を瞬時に整理する能力を獲得出来る、というのが著書の論旨だ。

メモを書くことで思考が整理される

ゼロ秒思考と大層なタイトルがついているが、本質は以下の通りだ

  • メモを書くことが思考が整理される
  • メモを書き続けることでちょっとしたことでも根底に流れる論理について深く考える癖がつく

これにより今ままで整理したことがない問題についても、過去の経験とその整理の仕方の対応関係から、 瞬時に問題を整理することが出来るようになる、と考えられる。

感想

「言葉を的確に使う」、「浅い思考・空回りの思考を避ける」の章が大変参考になった。 今まで上記のことが杜撰で、そのために齟齬や時間のムダが数多く生まれていた。

今までよりも徹底してメモ書きを行い、常に頭が整理されている状態にする必要性を強く感じた。

まとめ

  • メモを書くことで思考は整理される
  • 常に思考が整理されている状態を保つため、新しい問題に瞬時に対応出来るようにするためにメモを習慣化する
  • ちょっとでも行き詰まったり、考えが堂々巡りをしている、又は考えが浅いと感じたときはすぐさまメモで思考を整理する

Amazon CAPTCHA

「Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール 」を読んだ

概要

「Yコンビネータシリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール 」において、スタートアップを運用していく上で重要と思った点、印象に残った点についてまとめる。

失敗する条件

  • サービス開発において必要でない、または重要度が低いことに時間をかけている
    • サービス開発に関係ないことはすべて捨てる覚悟が必要
  • 創業者が親友同士ではない
  • 創業者にハッカーがいない

スタートアップ創業者に必要な5つの資質

  • スタミナ
    • 寝る、食う以外をすべてプログララミングに捧げられるスタミナ
  • 貧乏
    • 貧乏というムチを当てられているのでなければスタートアップのストレスに耐える気にはなれない
  • 根無し草性
    • 移動を厭わないこと
  • 同僚
    • 親友、同級生、信頼できる同僚
  • 無知
    • スタートアップに纏わる苦難を深く認識していないこと

成功の確度が高いスタートアップの条件

金鉱を掘るよりもつるはしを売れ

一般人向けのサービスを認知・スケールさせるためには、莫大な資金が必要であり、最も難易度が高い。

「金鉱を掘るよりもつるはしを売る方が儲かる」という格言通り、直接一般人に使ってもらうサービスではなく、 一般人に使ってもらうサービスを開発している企業向けのサービスを開発する方が筋が良い。

人が欲しがるものを作る

顧客のいる市場で勝負する。

顧客第一で考える。

スタートアップにおいて重要なこと

周囲にスタートアップがたくさんあり、起業が日常化されていること。

周りが失敗を恐れないこと。

環境によってスタートアップの命運が左右される。

常に成長率に目を光らせ、設定した目標はなんとしてでも達成する。

契約はなんとしてでも成立させるl

打たれ強くなる。

ポール・グレアム曰く

  • 「急いでローンチしろ」
  • 「市場が君たちをクビにする」
  • 「セールスアニマルになれ」
  • 「常に成長率に目を光らせろ」
  • 「他の連中より真剣に考え抜いた点だけが優位性になる」

最も重要なこと

成功者は最初から成功者であったわけではなく、スタートアップを経る過程で成長して成功者になった。 現在の状態は関係なく、必要なのは強い意志とプログラミング能力だけ。

機械学習をツールとして使えるようになるまで

概要

機械学習をツールとして使えるようになるまでに学習すれば良いことをまとめる。

何を学習すればよいか

機械学習フレームワークPythonで書かれているものが多いので、Pythonをある程度読めると学習が早い。

機械学習フレームワークはWebフレームワークなど違って、ある程度裏側で動いている仕組みを理解しないとツールとして使うことも難しい。

機械学習を学習する上で前提となるのは、理系大学教養課程における初等解析学線形代数学の知識。

機械学習フレームワークを使う上で必要な数学的知識

24時間365日働くためには

概要

24時間365日働くための方法について考察する。

24時間365日働くとは

睡眠中・食事中・入浴中・移動中なども含めて常に仕事のことを考える、または仕事の実作業を行うこと。

睡眠中に仕事のことを考えるというのは想像が難しいが、睡眠中も脳は活動しており、 その活動の成果として、記憶の定着や夢を見る、という現象が発生する。

睡眠中に仕事のことを考えるとは、いかにして記憶の定着や夢をみやすい環境を作るか、ということを意味する。

24時間365日働くためには

前述した通り、仕事に対する思考または実作業が必要であるため、ベースとなる脳の活動量・体の健康・精神面での健康が必要不可欠である。

趣味は仕事に関連する以外のものについては、時間を大幅に消費するため、仕事に関連のない趣味は全て捨てる必要がある。

人間関係においては、仕事に関連しない飲み会の誘いを基本的に断る必要がある。

ただし断ることにより、人間関係には大なり小なり影響を与える。

仕事を進める上で過去の人間関係が重要になる局面は多々あるため、断ることによりその人との関係例が終了しない、を判断基準とする。

また、情熱や執念、心の底から楽しむ、と言った喜怒哀楽が無ければ、生きている間常に仕事をし続けるというモチベーションを保つのは難しい。

24時間365日働ける人は、働くことがが自然となっており、だからこそ続けていけているのだ。

まとめ

まとめると以下のとおりである。

  • 健康な身体がある
  • 健康な精神がある
  • 趣味を捨てる
  • 断ることによりその人間関係が終了しないなら全ての飲み会は断れている
  • 仕事に関わることにより喜怒哀楽に関わる感情が維持される
  • 働くことを当然と思う

「マンガでわかるプロジェクトマネジメント」を読んだ

概要

「マンガでわかるプロジェクトマネジメント」を読んだため、要点と感想を記す

なぜ読んだか

ITに限らない、より一般的な意味でのプロジェクトマネージメントに関する本を読んだことがなかったため、一度汎用的に使えるプロジェクトマネージメント手法について目を通しておきたかったからだ。

マンガで解説しつつもそれを補う形で文章での説明があり、amazonでの評価も悪くなかった。

以上から、必要最低限のプロジェクトマネージメントについて最速で学べると考えて、この本を購入して読んだ。

内容について

マンガで大まかな流れを説明し、細かい説明は文章解説がされているため、読みやすい。

以下、重要だと思った点についてまとめていく。

プロジェクトとは

今までにない製品などを決められた期限内に作るような仕事をプロジェクトと言う。

プロジェクトは目的や成功基準を明確にするのが重要。

プロジェクトは生き物。常に観察をする。

プロジェクトマネジメント知識体系とは

プロジェクト成功率が上がる経験則。

PMBOK(Project Management Body of Knowledge)がデファクトスタンダード

プロジェクトマネージャーの責任

スケジュール・予算などに制約がある中で、計画・推進指示・調整などを行い、目標を実現し成功に導くこと。

プロジェクトマネージャーにとって最も大切な能力

コミュニケーション能力。

会話がうまいという意味ではなく(会話は下手だが優秀なプロジェクトマネージャーもいっぱいいる)、

相手の考えを正しく理解し、自分の考えを伝える能力のことを指す。

自分の考えを伝える能力とは単に自分の考えを述べるだけではなく、相手の理解度に応じた言葉を選んで話したり、自分の言いたいことが伝わっていない様子を察知し伝え方を変えてみたりといった、状況に応じた対応が出来る能力も含む。

ステークホルダーとは

プロジェクトに直接関わっている人、またはプロジェクトを実施することにより何らかの影響を受ける人。

プロジェクト計画に必要なもの

  • 必要作業の洗い出し
  • 作業手順
  • 作業時間の見積もり
  • 作業スケジュール

プロジェクトを短くする方法

本には書いてないが、以下の手法もある。

  • 機能を見直し、重要度の低い機能を落とす

見積もりで大切なこと

以下の三つ

  • 大きな費用がかかる項目を見逃さない
  • 大きく変動しそうな費用を把握する
  • 予備費をある程度予算に盛り込む

見積もり方法

  • 類推見積もり
    • 過去の類似プロジェクトの総コストと作業量と今回の作業量を比較して、今回の作業量を見積もる
  • 係数見積もり
    • プロジェクトの総コストを y= f(x,y,z....) という関数で定義して、 過去のy1,y2,y3...といったデータから 総コスト評価関数を予想し、見積もる
  • ボトムアップ見積もり
    • 詳細なアクティビティのコストの足し算

検査よりも予防

品質は計画、設計、作り込みにより達成されるものであり、検査によってではない。

リスク対策

以下の四つの対応方法がある

  • 回避
  • 転嫁
  • 軽減
  • 受容

進捗確認の目的

  • プロジェクト計画との差異の発見
  • 将来起こりうるリスクの低減
  • 計画との差異の低減

プロジェクト終了後にやること

成否に関わらず、プロジェクトの反省会を行う。 良かった点と改善点を洗い出しておく。

まとめ

さっちゃんは可愛い。

マンガでわかるプロジェクトマネジメント
マンガでわかるプロジェクトマネジメント広兼 修 さぬきやん

オーム社 2014-06-26
売り上げランキング : 26203


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人にサービスを使ってもらうために意識すること

概要

人にサービスを使ってもらうために意識することについて考察する。

新しいサービスを使う理由について

現状に満足していたらわざわざ大小のコストをかけて新しいサービスを使おうとは思わないので、 新しいサービスを作るということは現状に満足していないことに等しい。

現状に対する不満については、以下の種類に大別できる。

  • サービスの仕様に対する不満
    • 飽きた
    • 使いにくい
    • お金がかかる
    • 時間がかかる
  • サービスを取り巻くコミュニティに対する不満
    • 過疎
    • 年齢層
    • 趣向の違い

新しいサービスが使ってもらえるか使ってもらえないかは上記の不満を解決出来るかに依るところが大きいのではないかと考える (もちろん、この新しいサービスを認知してもらう広報も極めて重要な要素であるが、ここでは一旦おいておく)。

事例

既存のサービスに対する不満とその不満を解消するサービスを開発しそれが広まった事例を記述する。 この事例はとても小規模なものであるが、大規模サービスにもスケール出来る考え方であると個人的に思っている。

チケット作成コストを省力化するサービス

会社ではJIRAでチケット管理をしているが、そのチケットの作成が毎回時間がかかるものであった。 その理由は以下の通りである。

  • チケット作成リンクをいつも忘れる
  • チケットを作成するまでに何回かページ遷移が発生する
  • チケットを作ったことをSlackチャンネルで報告する必要がある

現状のチケット管理に不満があったため自分が使うために即席でSlackbotを開発した。

仕様としては、botに対して発言するとその内容がそのままチケットとして発行される、というシンプルなものだが、 上記リストでかかっていた作業をワンアクションで完了できるようになった。

運用を開始してから当日の次点で他のチームメンバーもそのbotを使用するようになった。

そのチャンネルに入っていた別チームの人もそのbotを使おう、ということでその対応のためにプロジェクトコードに対してプルリクエストを送ってくれた。

なぜサービスが広まったか

サービスが広まった理由としては以下のことが考えられる

  • 新しいサービスを利用することで既存のコストを大幅にカットできる
  • 新しいサービスが簡単に利用できた
  • 新しいサービスを利用することに心理的障壁がなかった
  • 既存ユーザがおり、新規ユーザから既存ユーザを観測できた
  • ユーザ数が増加傾向にあった
  • publicリポジトリとしてコードが見えるところにおいてあり、改変を自由に加えることが出来た

まとめ

ユーザ視点から考えた場合、以下の要素が大きい。

  • コストカット出来る
  • 簡単に利用できる
  • 既存ユーザがいる

既存ユーザがいるという点については、開発者が1番目のヘビーユーザであるのが重要。 開発者が常用しないサービスは誰も使わない。

「スマートフォンアプリマーケティング現場の教科書 リフロー版」を読んだ

概要

スマートフォンアプリマーケティング現場の教科書 リフロー版」を読んだのでまとめと感想をここに記します。

何が書かれているか

スマートフォンアプリに関わる企画、ビジネス、プロモーション、運用、マーケティング、分析について、企画からリリース、リリース後まで順序だてて、解説している。 この本を読むだけで、たとえスマートフォンアプリ開発の経験や質機などが無くても、スマートフォンアプリ開発・運用において必要十分の知識を得ることが出来る。

どの辺りが参考になったか

特に参考になったのは、企画立案手法、プロモーション手法、UI/UX開発手法だ。

スマートフォンアプリだと1人で企画・開発・運用までをやることが多いが、 その場合によく確立された企画手法に頼らずオレオレ開発メソッドで開発してしまうことがある。

そのような開発メソッドでは、ユーザの使い勝手などを考慮せずに、開発者が都合の良い仕様になりがちであるため、 この本に記述された典型的な企画立案手法、プロモーション手法、UI/UX開発手法を実践することで、 単独での開発の際に陥りがちな独りよがりな仕様を回避することが出来る。

覚えておくべき要点

  • ユーザのニーズを把握する
  • UXは超重要であり、UXを元にUI・仕様を考える
  • 競合アプリを調査する
    • 競合アプリに対する優位性・差別化を意識する
  • スマホアプリにおいて、プロモーションは超重要
    • あらゆる手法・媒体を使ってプロモーションを行う
    • 現在のスマホアプリにおいてまともなプロモーションが無ければ見向きもされない

感想

以前リリースしたスマホアプリは、この本に書かれたプロモーション手法を実践することで、固定ユーザをリリース時に獲得することが出来た。

その当時はこの書籍をまだ読んではいなかったが、プロモーションを実施するまではほとんどダウンロード数はゼロに等しかったため、プロモーションは超重要であるということを身をもって体感した。

AppleWatchの音声入力機能を使った処理系を作る

はじめに

これは 第2のドワンゴ Advent Calendar 2016 - Qiita 18日目のために書かれた記事です。

なぜAppleWatchの音声入力機能を使った処理系を作るのか

AppleWatchの文字入力はキーボードやタッチUIを利用することが出来ないため、文字入力方法としては以下の3つが用意されています(数字のパスコードの入力については専用のタッチUIが用意されていますが、あくまで補助的なものです)

  • 定型文
  • 音声入力
  • 手書き入力

この中では個人的に音声入力について一番将来性を感じており、入力には多少癖のあるものの、慣れればかなり精度の高い音声認識を行うことが可能です。

私はこの機能を使って移動中に思いついたアイデアなどをEvernoteに書き込んでいます。

この機能をもうちょっと知的に使うことは出来ないかと思い、丁度良い題材として音声を入力とした簡単な処理系を実装することを思いついたため、実装してみました。

仕組み

f:id:ymizushi:20161218195652j:plain

雑な図ですが、全体構成としては上図のような形になっています。

初めはクライアント側で完結する処理系を書こうと思っていましたが、 Swiftの正規表現処理機能が貧弱でかつ私が慣れていなかったため1日で実装が間に合う自信がなかったこと、 また他のデバイスでも汎用的に使えるようにしたいということから、 慣れたPythonでサーバーサイドで処理系を実装し、クライアントからはAPIベースでの処理系への入力・出力と出力のレンダリングのみを行う構成にしました。

サーバーサイドでは以下のAPIを用意しました。

  • セッション作成API
  • セッション削除API
  • Eval API

セッションIDをキーに処理系が保持する環境をRedisに保存しています。

出来ること

現段階では、以下のことが可能です。

  • 代入
  • 評価
  • 加算

もうちょっと本格的な言語機能を作り込みたかったのですが、直前過ぎて時間切れでした。 今後AdventCalendarに登録する時は、もうちょっと前もって作っておこうと思います。

動画

一応動画を撮ってみました。 prog - YouTube

リポジトリ

展望

今回は最小の機能として代入、評価、加算を実装しましたが、入力を学習して何らかのレコメンドに役立てたり、よりファジーな入力も受け付けられるようにできると、より応用の幅が広がるのではないかと思います。

Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
アップル
売り上げランキング : 9962


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Flask Web Development: Developing Web Applications with Python
Flask Web Development: Developing Web Applications with PythonMiguel Grinberg

O'Reilly Media 2014-04-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

特定の相手のAmazonアフィリエイトリンクを生成する

何故するか

皆さんはAmazonアフィリエイトIDを持っているでしょうか。

Amazonアフィリエイトは御存知の通り、特定のIDを含んだURLからAmazonの商品を購入することで、IDの管理者にお金が入るサービスです。

何かWeb上の記事を経由してAmazonで商品を購入した場合、たいていこのAmazonアフィリエイトIDが入っていると思います。

アフィリエイトIDの所有者自らが自身のID経由で購入しても利益にはならないことから、 わざわざ自分がamazonで何かを購入する時に、他人のアフィリエイトIDを設定するという人はあまり多くないと思います。

しかし個人的にそれは非常に勿体無いと思うので、是非他人のアフィリエイトリンクを踏んで購入することをおすすめしたいです。

その理由としては以下のとおりです。

購入者が不利益を被ることはない

自分の行為で他人が儲かるのを不快に感じてしまう人が一定数いるとは思いますが、少なくともamazonアフィリエイトリンクの場合は、 他人のアフィリエイトリンクを踏んだことにより購入者が被る不利益は全くありません。

押し売りされるといった場合は話が別だとは思いますが、元々買う意欲があったからこそ購入しているわけで、購入した結果にアフィリエイトリンクのあるなしは関与しません。

利益のシェアが出来る

例えば数人グループでお互いのアフィリエイトIDを使うことを取り決めた場合、そのグループの全体の金額はアフィリエイト収入分だけ少なくすることが出来ます。

Amazonのヘビーユーザ/ライトユーザで多少儲けに偏りが出ることはあるとは思いますが、元々利益にならない予定だったものを利益にしているわけです。

あまり細かいことは気にせず、収入があることを喜びましょう。

喜びをグループで分かち合える

グループでお互いに収入があったことを報告し合えば、世知辛い人生を多少なりとも楽しくすることが出来ます。

その連帯感はいずれ世界を救わないとも限りません。

グループの連帯感を大切にしましょう。

特定の相手のAmazonアフィリエイトリンクを生成する方法

さて、これで他人のアフィリエイトリンクを踏む有用性が理解できたとは思いますが、いちいち自分で他人のアフィリエイトタグを入力するのはちょっとばかり手間です。

ということを少し話していたら、hirokikana (Hiroki Takayasu) · GitHub さんが 翌日 Amazon Affiliate Link Generator - Chrome Web Store 拡張を作ってくれました。

設定も簡単だし、皆さんも是非こちらを活用してみましょう。

終わりに

柄にもなくAmazonアフィリエイトリンクについて語ってみましたが、いかがでしょうか。

アフィリエイトリンクについて毛嫌いする方も多いとは思いますが、大多数の人にとってアフィリエイトリンク収入は雀の涙ほどのものです。

しかし雀の涙ほどの収入でも、利益があるというのは大変うれしいし、素晴らしいことです。

もしかしたら人生になんの希望も愛も感じられなかった人が、とある人からのアフィリエイト収入で生きる希望を見出した、という事例もあるかもしれません。

良いアフィリエイト生活を。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生染谷 昌利 イケダ ハヤト

ソーテック社 2015-01-17
売り上げランキング : 19281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プログラミングはスキマ時間にこそやるべき

概要

プログラミングはゾーンに入るまでの時間が長いため、スキマ時間にプログラミングをやることに対して躊躇いが発生してしまうことがあるが、 以下の理由からむしろスキマ時間にこそプログラミングをやるべきなのではないか。

プログラミングをスキマ時間にやったほうが良い理由

この場合のスキマ時間とは 10分〜1時間ぐらいを指す。

心理的障壁を低減出来る

スキマ時間ならばプログラミングに対するモチベーションが沸かないときにでも、心理的障壁が少ない状態でプログラミングに取り掛かることが可能である。

モチベーションを維持出来る

スキマ時間にプログラミングをすることで、コードは常に中途半端な状態になるため、この作業を終わらせたいという意欲が、じっくり取り掛かれる時間帯まで維持される。 それにより、じっくり取り掛かれる時間におけるプログラミングに対する心理的障壁が少なくなる。

ちりも積もれば山となる

1日30分、スキマ時間にプログラミングするとした場合、1ヶ月で 30 * 30 / 60 = 15時間 のプログラミング時間が確保出来る。

密度の高い時間を過ごせる

時間があると思うとだらだら作業しがちだが、30分なら集中した時間を過ごすことが可能

結論

スキマ時間にプログラミングをやることに対して躊躇いは必要ないし、積極的にやったほうが良い。